学部長挨拶

経営学部長 真鍋 誠司

経営学部長 真鍋 誠司経営学部長 真鍋 誠司

 横浜国立大学経営学部は、ビジネスを専門的に学べる国立大学の経営学部です。2017年には学部創設50周年となり、2023年に開基100周年を迎えます。これまでの間、企業経営に関する知識を中心に身につけ、社会で活躍できる多くの人材を社会に輩出してきました。
 経営学部では、入学当初より、基礎から段階的に学問を学んでいき、各々の関心に合わせて「マネジメント」「アカウンティング」「マネジメント・サイエンス」、さらには「グローバルビジネス」を分野横断的に学習します。また、2017年からは、国際的に展開するグローバル企業でエキスパートとして活躍したい人材の育成を図る教育プログラム「GBEEP」(Global Business and Economics Education Program:ジービープ)を開始しました。2021年より、データサイエンスとその応用に関心をもつ学生のみなさんを対象に、データサイエンス教育プログラム「DSEP」(Data Science Education Program:ディーセップ)も始まります。経営学部学生全員に対して、世界の協定大学への交換留学制度や、インターンシップを単位として認定する制度もあります。以上のように、特定分野に関する高い専門性を持つとともに、幅広い専門知識を統合してビジネスに活用できるゼネラリストとしての能力の修得を目指します。
 経営学部には、多彩な教員スタッフがおり、ゼミナールを中心に少人数教育を行っています。さらに、社会科学系同窓会である「富丘会」、本学の卒業生、現役学生、教職員を会員とする「横浜国立大学校友会」の協力や支援も学生のみなさんは受けることができます。
現在、地球規模で様々な課題が認識され、持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)として注目されています。さらには、新型コロナウィルスの影響によって、経営・経済を含む社会は大きな打撃を受け、今後の明確な見通しもたっていません。しかし、だからこそ、経営学部ではこのような不確実性の高い社会でリーダーシップを発揮できる人材を育成していきたいと考えています。